マリアの宣教者フランシスコ修道会 日本管区

ある日の出来事

姉妹が「ちょっと、いいもの見せてあげるから来て!」と連れられてお部屋に入ると
ベランダの柵につたっている朝顔の花たち。

まだ柵に全部はからまっていないけれど、徐々に広がりつつある状態。

「この朝顔が全体に広がるのを楽しみにしているの。」と話される。

毎日様子を見てお世話をしているらしい。

草花の手入れが上手で、足が少し不自由でも日々草取り、掃除、鉢植えの手入れに余念がない。

今年もシンビジュウムの鉢をいくつも植え替えて、聖堂の花はほとんどきれることなく
美しく飾られている。

外に出かけて行くことができなくても、豊かに日常を楽しむ方法を知っているこの姉妹から、
多くのことを教えていただいている。

「90歳をすぎたら、そんなに普通はしないわよ。のんびりして」とつい言ってしまう私。

奉仕の精神にあふれ、今までもこれからも生きていく高齢の姉妹に頭が下がる。

 

                                           (Sr. J・Y)