マリアの宣教者フランシスコ修道会 日本管区

最上のわざ

朝5時、介護棟のドアを開ける。聞こえてくるベルの音…
骨折で手術をし2週間の入院生活を送って昨日かえっていらした101歳のシスターの部屋。

「ハーイ…おはようございます…」と言いながら部屋の戸を開ける。ベットの上で着替えの真っ最中。

「ねえ、ねえ、ちょっと手伝ってよ。それからお聖堂へ連れっていって。」

うーん5時…聖堂にはまだ誰もいないし薄暗い。一人で置いておくわけにはいかないし、何かあったら…と私の頭は考える、着替えを手伝いながら。

 「シスター、まだちょっと早いし聖堂にはまだ誰もいないから、5時半ごろお連れしますよ」と返答。

即座に、「大丈夫よ、私祈りたいの。私はもう年を取って何もできなくなったけど祈ることは出来るの。あなたのために、皆のために祈りたいのよ。」

笑顔の中に真剣な表情….

私は押されるように車いすに彼女をのせ聖堂へ。その間に彼女の指はロザリオをくり始める…

私はシスターの車を押し聖堂へと進みながら、ホイベルス神父様の『最上のわざ』と言う詩を
思い出し感動にあふれていた。

老いの重荷は 神の賜物

神は最後に一番良い仕事を残してくださる

それは祈りだ…

手は何にもできない…けれども最後まで合掌出来る

愛するすべての人の上に、神の恵みを求めるために…

 

ありがとうシスター…私たちも貴女のあとに続きます。

(Sr. H.S.)