マリアの宣教者フランシスコ修道会 日本管区

小さき花によせて

「回勅ラウダート・シ共に暮らす家を大切に」の精神に基づいて、共同体の中から俳句と短歌のグループが発足しました。楽しく分かち合っています。

俳句を紹介します。東京のT教会の俳句の会に投句しています。

 

スズメ(雀)たち聖務に唱和春近し

カッコウ(郭公)の鳴きに目覚めや朝早く

シクラメン陽が当たりたる紅(あか)冴えて

寒見舞コロナウイルス案じつつ

笠かぶる太陽を見てすきま風

夕暮れ時みみず(蚯蚓)を運ぶ蟻の群れ

 

日常の祈りの中の気ずき、あるいは、自然の観察からのひらめきなど,あらためて新鮮な目で見ることが出来る機会になっています。

自然を慈しみ「ともに住む」家をあらためて観察し続けたいと思います。

                                     (Sr.S.W)