マリアの宣教者フランシスコ修道会 日本管区

聖所の灯火のように

 10年前になりますが、いろいろな修道会のシスターたちと一緒に勉強していました。その時にある会のシスターの話した事が今でも心に残っています。それは 家族訪問の大切さで、一年に一回家族訪問をしなければならないと言うことでした。その時はそんなに必要かなあ…とびっくりしましたが、今になってみると、なるほどと思うようになりました。家族訪問の大切さ、必要性に気づくようになったからです。

 さて、今年は私の家族訪問の年ですので 年の黙想を母国でする事にしました。いろいろ大変な世の中で、神様のお恵みが私の上に溢れるほど注がれていることを感じながら毎日を過ごしました。その中で私にとっては母校と言えるノビシアで、初誓願式に参加出来たこと、年の黙想ができたこと、本部評議員達と総会のための話し合いに参加出来たことが、言葉に出来ないぐらいうれしかったです。私が分からなかった事を丁寧に教えてくださいました。彼女たちの優しさが私の心に残りました。神様に感謝しながら、これからも本会がママンの時と同じように導かれますようにとお祈りしました。

 それから、初誓願を立てたシスターたち6人は、喜びに輝いて、天使のようでした。若いシスターたちの姿を見て、ミサに参加した信者さんたちも大喜びでした。神様に感謝するほかないと感じました。ミサの中で、神様が彼女たちをいつまでも導き、お守りくださるようにお祈りしました。初誓願を立てたシスターたちが選んだ「静かに燃えつくす聖所の灯火になれますように」と言うモットーの通りになるよう願っています。今神様に自分を捧げているシスターたちだけではなく、聖別された私たちも、神様の前で、いつも輝いている灯火になれますようにとお祈りしました。

                              (Sr.C.C.L)